サウンドアースダイレクトショップ

DUNU ZEN

DUNU ZEN

DUNU ZEN(禅)は、DUNU LUNAで培った技術を継承しながら、独自に開発した非常に高磁力のDUNU特許取得済みマグネットの採用により、ダイナミックドライバ1基IEMの新しい時代を体現します。

禅ストーンから啓発された独創的なデザイン

ストーンの積み重なりをコンセプトにデザイン設計を行い、それをベースに人間工学に基づいたノズル角度を調整し、新たな革新的なデザインを実現

DUNUのデザイン思想による美しいハウジングのデザインを

DUNUピュアベリリウムダイナミックドライバのフラッグシップLUNAのデザイン監修を行ったMoses Xu,氏が独創的なDUNU ZENのデザインを担当

水が流れる様子を意匠にした滑らかなで非常に美しいハウジング内側

ハウジング内側は快適さと美的な完全性を両立させるように滑らかさが特徴です。
またDUNU独自のACISシステムも実装しています

オリジナルのプロトタイプは、2018年に開発されたPVDベリリウムドライバー技術をベースにしています。
LUNAのために開発されたイノベーションは、新しい性能基準のためにそれを再設計いたしました。

DUNU ZENはDUNU LUNAのデザイン・開発ノウハウにより非常に高いビルドクオリティを実現しました

革新的なECLIPSEドライバ

DUNU ZENで採用された革新的なECLIPSEドライバは、それぞれ独立した金属/合金/ポリマー ドーム
完全に独立したサスペンションサラウンド高度なコーティングと電子蒸着プロセスと、1.8テスラ以上の磁場強度を持つ外付けリング型マグネットを備えています。複合材料の組立と次世代の品質管理技術
DUNUの独占的特許(中国特許ZL 2020 2 008721.5)

ECLIPSEはダイナミックドライバーのための次世代の革命です

強化合金ドームを搭載した複合ドライバー設計により革新的な音響を実現

1.8テスラの高磁力カスタム・ネオジム磁石はドライバーを精密かつ高速に駆動します。

ボイシングのために微調整されたシステムは、反射逆シグナルの繊細なコントロールや低音の応答高速化の増強が行われています

内部構造

ZENのナノポーラスアモルファスカーボンダイアフラムコーティング(nanoDLC)は、現在達成可能なsp3とsp2のハイブリッドカーボンの最高比率*を含み、金属基板のみと互換性のある高音域フィルター付きパルスアーク蒸着技術を用いて成膜(ポリマー基板は溶融して変形)。このプロセスにより、隙間や表面の欠陥が少なくなり、純粋なダイヤモンドに近い層が得られます。
*現在オーディオ製品に使用されているDLCコーティングとの比較

主要スペック

ブランド : DUNU

モデル : ZEN (禅)
正味重量 : 21 g

周波数特性 : 5 Hz – 40 kHz
感度 : 112 ± 1 dB at 1 kHz
インピーダンス : 16 Ω at 1 kHz
THD : < 0.2% at 1 kHz DRIVE MODULE

ECLIPSEドライバモジュール
– ダイアフラム : ナノポーラスアモルファスカーボンコーティング(nanoDLC)を施したマグネシウム-アルミニウム合金ドームと完全に独立したサスペンションサラウンド
– マグネット 1.8T外付けリング型ネオジムマグネット
筺体
– 材料 : S316ステンレス
– 統合 : 特許取得済みのエアコントロールインピーダンスシステム(ACIS)

付属ケーブル
– 長さ : 1.2 ± 0.1 m
– 材料 : 8コア高純度単結晶銀メッキ銅リッツ線
– ケーブルコネクタ : 特許取得済みキャッチホールド® 膨張式MMCX コネクタ
– プラグコネクタ:特許取得済みのDUNUクイックスイッチモジュラープラグシステム
– 付属プラグ終端部
– 4.4 mm バランスTRRRS
– 3.5 mm シングルエンドTRS
– 2.5 mm バランスTRRS