DK-4001 Chi 極

  • Slide image
    DUNU DK-4001 Chi 極5driver hybrid fragship iem

DK-4001 Chi 極

DUNU ハイレゾ対応5ドライバ ハイブリッドフラッグシップイヤホン DK-4001 Chi 極 DUNUのハイブリッドイヤホンのDKシリーズの最高峰として、5ドライバ(4BA+1D)のハイブリッドイヤホンDK-4001 Chi 極は、DUNUがアジア圏でいち早くバランスドアーマチュアドライバとダイナミックドライバを両方搭載しハイブリッドシステムを作り上げ、これまでにDN-1000をはじめとして、DN-2000、DN-2000J、DN-2002、DK-3001と多くのハイブリッドイヤホンを開発してきた中で培われた経験とノウハウとそれを生かすための技術と設計開発設備をもって最高の音質を追求したモデルが、このDK-4001 Chi 極です。製品名に「極」と付くように、DUNU史上として一つの到達点に達したモデルで、4基のバランスドアーマーチュアと1基のダイナミックドライバによる5ドライバの構成のイヤホンです。技術的にはより多くのBAを搭載することも勿論可能ですが、単純にドライバの数だけを増やしても、音響的な効果が低くなってしまっては意味がないものです。DUNUでは、正確でいてフラットで且つリスニング用として最上になるようなチューニングと独自のシステムと設計をもって、5ドライバのDK-4001を作り上げました。

DUNU DK-4001 Chi 極 はDUNUハイブリッドイヤホンのフラッグシップであり、挑戦的なモデル

DUNUはハイブリッドシステムとして完成されたノウハウと技術を持っています。それにより、DN-1000・DN-2000の大ヒットを成し遂げました。DUNUではさらにDNシリーズから先に進み、現在のDKシリーズとして、DK-3001をリリースしています。DKシリーズは音楽をイヤホンで楽しむユーザーをターゲットに、イヤホンという規格の中でいかに良い音を届けられるかを考え開発されています。 DK-4001でも、ケーブル、ハウジング、ドライバ、システム全てにおいて一切妥協しないプロダクトになっており、さらに新しい技術や仕組みも取り入れてイヤホンを次の次元に引っ張っていけるようなモデルとして開発されました。

ジルコニウム合金ハウジング

DK-4001はハウジングの素材にジルコニウム合金(リキッドメタル混合)を採用し、非常に精密に作られており、剛性も高く高周波共振を効果的に抑制し、優れた音響性能を実現。ステンレスの3倍の強度を有し、耐摩耗性および耐腐食性を高めています

特許取得済み A.C.I.S

ハウジング内部の設計でA.C.I.Sという特許を取得しており、13mmベリリウム振動板ダイナミックドライバとの最適なチューニングにより、低音域の深度と音響特性をさらに向上させています。

高純度OCC(単結晶銅)/高純度銀線(シルバーケーブル)の混合線

DK-4001の付属ケーブルは高純度OCC(単結晶銅)/高純度の銀線(シルバーケーブル)の混合線を採用し、線芯は単結晶銅シールドコーティングを施し、外部の不要な電磁波を除去し伝達信号精度を上げ、クリアな音質を実現

特許取得済み セルフロック式デタッチャブルプラグ

DK-4001のケーブルプラグ部分はセルフロック式のデタッチャブルプラグシステムを新規開発し特許を取得。4種類のプラグがワンタッチで付け替え可能。標準で3.5mm、2.5mmバランス、4.4mmバランス、3.5mmproバランスが付属し、プレイヤーに合わせてプラグだけ交換可能

DK-4001専用カスタム SpinFitイヤーチップ

DK-4001に最適化されたカスタムSpinFitイヤーチップが標準で付属します
ドライバー13mmベリリウム振動板ダイナミックドライバ1基 Knowles社製バランスドアーマーチュア4基 合計 5ドライバハイブリッド
感度110+-2db
インピーダンス32Ω
再生周波数5Hz-40KHz
コード1.2m
プラグセルフロック式デタッチャブルプラグ 3.5mm/3.5mmバランス/2.5mmバランス/4.4mmバランス
重量13